埼玉にある教習所で合宿免許してみよう

合宿免許のメリットは短期間で免許が取得出来ることです。埼玉県にも合宿免許できる教習所がいくつかありますが、どのような特徴があるのでしょうか。また、埼玉にある教習所で合宿免許をするときの注意点や入校する時期の特徴も解説します。

埼玉県にある合宿免許できる教習所の特徴

関東平野のほぼ中央に位置し、県の西側には秩父山系が望める埼玉県。県の南部は東京都心部のベッドタウンとして人口が増加し、北部や秩父地域は豊かな自然に囲まれているので観光名所が少なくありません。首都圏からのアクセスが良好であることから、合宿免許でも人気のエリアとして注目されています。埼玉県で合宿免許ができる教習所の所在地としては、川越市や行田市、熊谷市や秩父市などが該当します。これらの教習所は東京都心部から1~2時間前後でアクセスできるという特徴があるため、自宅から教習所までの交通費が抑えられるメリットがあります。

また、教習所周辺にはコンビニや銀行など、生活に必要な施設が揃っているところが多いです。そのため、合宿免許生活で不便を感じることはあまりありません。さらに川越市や秩父市などは観光名所が近くにあるため、空いた時間を利用して観光地巡りができます。合宿免許を通じて交流ができた友達と一緒に観光地を回ってみるのも良いです。

合宿免許教習所で注意したいこと

埼玉で合宿免許をするにあたり、注意しなければならないことがあります。まず、住んでいる地域によっては、合宿での入校ができないという点です。例えば、行田市にある教習所の場合、行田市在住だったり住民票があったりすると入校できません。さらに、熊谷市や鴻巣市でも同様なので注意が必要です。このように教習所が所在する市や町はもちろんですが、周辺自治体でも入校不可なケースがあるので、予めチェックしておかなければなりません。また教習所によっては、取り扱い免許が限られていることに注意する必要があります。普通自動車に限定している教習所もあれば、二輪車や大型車まで範囲を広げている教習所も存在します。特に二輪車免許を取得したいときには、事前に確認しておくことが望ましいです。

時期を選んで入校してみよう

通学で免許を取得する場合、時期によって料金が変わるということはあまりないです。ところが合宿免許の場合、入校する時期によって料金が変わることが多く、埼玉県にある教習所でも例外ではありません。夏休みや春休みなど学生が長期間休暇が取れる時期は、教習所が混む時期でもあります。この時期に料金を上げたとしても、自ずと人は集まってくるので料金は高めに設定されます。そのため、夏休みや春休みには30万円を超える教習所が少なくありません。

一方、長期休暇以外の時期は閑散とするため、教習所は料金を下げて人を集めようとします。繁忙期には30万円を超えても、閑散期なら20万円台前半に設定する教習所が少なくありません。このように10万円近くの差が出るならば、閑散期に行くのも1つの方法です。休みでないと合宿免許に行けないという人でも、時期を少しだけずらしても料金が大きく変わることがあるのでスケジュール調整してみると良いです。

事前に色々確認してみよう

埼玉県の教習所は首都圏からのアクセスが良いだけでなく、有名な観光地も近くにあるのでとても人気があります。ただし、住んでいる地域によっては合宿免許ができないことがあるので注意が必要です。さらに、入校する時期によって料金が大きく変わるので、少しでもコストを抑えたい人は閑散期に入校することが望ましいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です