福岡の合宿免許で車の免許を取得することの利点

自動車の免許は多くの人にとって、欠かせないものとなっています。将来的に車を使う職業に就くかはともかく、とりあえず取れる年齢になったら取っておきたいと考える人も多いでしょう。免許の取り方として、時間を凝縮して一気に取得する合宿免許について見ていきます。

通うのではなく合宿を選ぶ利点

車の免許というものは、スクールに通うと取得するのに時間が掛かるものです。カリキュラムがあるために一定の時間、実技と学科を受けなければならないのですが、それを通って習うとなると長期的に予定に組み込む必要があります。そこで裏技的な方法として、泊まり込みで短期間に詰め込んで教えてしまう合宿免許というものが生まれました。合宿免許は2週間ほどという短期間で免許を取得できますが、当然のことながら2週間前後というまとまった休みが取れる人しか利用できません。そこで、学生やフリーターなどが休みの取れるうちに免許取得に訪れるのです。

合宿免許には時間以外にも利点があります。それは多くの合宿は生活圏から離れた場所で行われるので、ちょっとした旅行気分で受けられることです。教える側からすれば集中させる環境を作っているのですが、人は普段とは違う環境に置かれるとどうしても心が踊ってしまうので、半分勉強しつつ半分観光気分で免許を取得することができます。また、ある意味逃げられない環境なので、スクールに通う場合にたまにある、遊ぶ予定を入れてしまって授業を欠席してしまった、ということもありません。なかなか考えられた環境なので、勉強仲間と仲良くしつつもしっかりと免許取得を進めることができます。

福岡には北九州市門司区の門司港レトロがある

合宿免許は全国的に需要があるので全国各地にありますが、福岡では嬉しいスポットがあります。北九州市の門司区は門司港レトロと呼ばれており、ホテルや建物などが大正期のレトロな雰囲気で作られていて観光地として非常に人気があるのです。この地域には合宿免許が2つほど存在しており、ある意味半分観光気分で免許を取得することが可能なのです。合宿を運営する側もそれを売りにしており、名物である焼きカレーだったり、アンティークショップだったりを宣伝して学生を集めています。

実際のところ、実技や学科にどれだけ時間を取られようとも空き時間はあります。それが山奥の周りに何もないところなのか観光スポットなのかは非常に大きい要素です。特に年齢層的に二十歳前後の男性が多く、一緒に参加した友達やそこで知り合った仲間と街へ繰り出せる環境があるのですから楽しいでしょう。学習に遅れが出た場合でも、若者の泊まり込みなのですからいくらでも巻き返しはできます。合宿免許のメリットは短期間で取れることだけでなく、こういった旅行要素もあるので、選ぶ時はできるだけ付加要素も込みでどこにするか決めると良いでしょう。

楽しく免許を取得する門司港レトロの合宿免許

免許を取るというのは人生の一大イベントです。どの教習所に行っても取ることは可能ですが、そこに付加価値として楽しい思い出を添えられるのが合宿免許の嬉しいところと言えます。福岡の人や行ける範囲の人ならば、門司港レトロの合宿所を選択肢の一つに入れてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です